• TEL: 076-259-0250
  • 石川県金沢市にある女性弁護士も在籍する法律事務所です

このページをご覧の方は,親権がほしい,親権は相手にわたしたくないけどどうすればいいの?ということでお悩みのことと思います。

 

もちろん,離婚の際,あなたに親権をわたすことに相手方が同意していれば何の問題もありませんが,双方が親権を主張した場合,親権はどうなるのでしょうか。

 

親権が争いとなった場合,裁判所では,以下のような観点から親権者が決定されます。

母性優先の原則:乳幼児については,生物学上の母親(または母性的な役割をもつ監護者(生物学上の母親に限定されない事実上の養育者))が優先するという原則です。

継続性の原則:現実に子どもを養育監護している者が優先するという原則で,たとえば母親(父親)が育児の主体的役割を担っている場合には,母親(父親)が親権者の決定に際して優先されます。

子の意思尊重の原則:子どもに意思を表明する能力がある場合(一般的には10歳前後から)には,子どもが父母のどちらの養育監護を受けたいかという意思が優先される,という原則です。

兄弟不分離の原則:幼児期には兄弟を分離すべきではないという原則で,離婚に際して兄弟を分離させることは,どちらかの親との離別だけでなく兄弟との離別をも強いることになり,子どもに親と兄弟の二重の離別による心理的苦痛を与えることになるので,せめて兄弟は離すべきでないという原則です。

 

上記のような様々な基準が絡み合い,最終的に親権者が決まることになります。

 

このように,親権争いは,非常に複雑で高度な問題ですので,法律的知識なく調停や審判を戦い抜くことは容易ではありません。親権にお悩みの方はぜひ弁護士に相談されることを強くおすすめいたします。

 

 

⇒親権の解決事例はこちら。