• TEL: 076-259-0250
  • 石川県金沢市にある女性弁護士も在籍する法律事務所です

面会交流とは,親権者でない方の親や子どもを監護養育していない親が子どもと直接会ったり(面会),電話や手紙,メールなど面会以外の方法で意思疎通を図ることをいいます。

 

今は離婚して子どもと別々に暮らしているけど,母親(父親)が子どもに全然会わせてくれない,また,まだ離婚はしていないけど子ども,妻(夫)と別居中していて長い間子どもの顔を見られていない,ということはありませんか。

 

親が有するこの面会交流権は,民法766条1項を根拠に認められている法的権利であり,また,親が子どもと会うことは裁判所実務上も子どもの成長にとって不可欠なことであると考えられていますので,原則親は自分の子どもと定期的に直接会うことなどができる権利を有しているのです。親子が面会交流を行うことは,あなたのためだけでなくあなたのお子様にとっても極めて大切な事柄です。

 

もっとも,別れた元妻(元夫)または別居中の妻(夫)と話をしたくないという方や,実際に面会交流を請求するといってもどのような手続を踏めばよいかわからない,面会交流はしたいけど元妻(元夫)とは会いたいくないという方も多くお見受けします。

弁護士に相談すれば,相手方とのやりとりは弁護士が行いますし,弁護士の方で公正証書を作成したり調停手続をとるなどあなたに適切な方法を選択した上で,あなたの希望に沿った面会の具体的方法を実現することができます。

 

ところで,養育費の支払いと面会交流が交換条件のようなものであると考えておられる方がよくおられますが,この二つは全く別ものですので,たとえば,あなたが養育費を全く支払っていないという場合でも,面会交流を求めることには法的に何の問題もありません。

 

 

子どもと会いたいけど会えていない,会わせてもらえないという方は,ぜひ一度弁護士にご相談ください。

 

⇒面会交流の解決事例はこちら。