• TEL: 076-259-0250
  • 石川県金沢市にある女性弁護士も在籍する法律事務所です

あなたは現在,元夫から養育費をもらっていますか?もらっている方は,その額は十分ですか?また,これから離婚しようと考えていらっしゃる方は,養育費の取り決めを夫としましたか?

 

 

夫婦が離婚すれば,夫婦は他人同士になりますが,父親と子どもの関係は変わらず親子のままですので,離婚後も父親は,子どもを扶養する義務を負い続けます。

ですので,子どもを実際に養育する親は,相手方に養育費を請求することができるのです。

 

では実際にみなさん,養育費はもらえているのでしょうか。もらっているとして,どの程度の養育費をもらっているのでしょうか。

 

多くの方が,養育費は欲しいけど,元夫ともう連絡を取りたくない,連絡をとったところで元夫が養育費を支払ってくれるとは思えない,そこまで元夫も稼いでいないなどの理由で養育費の請求を行っていない又は少ししかもらっていないという実情があります。

 

しかし,弁護士に依頼すれば,元夫とのやりとりは弁護士が行いますので,直接依頼者様が表に出る必要はありません。また,裁判所でも,養育費支払はまず間違いなく認められるのが実務となっていますので,たとえ夫に経済的余裕が全くなかったとしても,養育費が全くもらえないということもまずありません。

 

養育費といっても,月数万円だし,弁護士にたのむ費用の方が高くなるとお考えの方もいらっしゃると思いますが,養育費は,お子様が20歳又は22歳になるまで毎月支払われるものですので,たとえもらえる養育費が月数万円だとしても,20年で換算すれば総額では何百万円,何千万円という大きな金額になりますので,これを請求しない手はありません。

 

現在,夫と別居しているけど夫から生活費をもらっていないという方,もしくは少額しかもらっていないという方は,ぜひ一度弁護士にご相談ください。

 

 

 

⇒養育費の解決事例はこちら。