• TEL: 076-259-0250
  • 石川県金沢市にある女性弁護士も在籍する法律事務所です

離婚は今後の人生を左右する大きな局面ですが,「離婚」と一口に言っても離婚の方法にはいくつか種類があります。

 

離婚には大きく分けて①協議離婚②調停離婚③裁判離婚の3つの方法があります。

基本的な流れとしては,①協議離婚→②調停離婚→③裁判離婚の順に進んでいきます。

 

弁護士に相談となると,②調停離婚や③裁判離婚の段階を想像されるかと思いますが,より適切な方法をとるために,近時は①協議離婚またはその検討段階から弁護士に相談されるケースが非常に増えています。

よく「結婚するのは簡単だが離婚するのは難しい」と耳にしますが,離婚は手続が進み,時間がかかればかかるほど,ご本人にとって精神的,経済的な負担となりやすい傾向にあります。

 

それぞれの離婚の種類について以下で簡単にご説明します。

正しい知識の下,皆様にとってどの方法が最適であるか,ぜひ一度弁護士にご相談ください。

 

①協議離婚

夫婦間の話合いによって成立する離婚の方法です。いわゆる「離婚届」を役所に提出することによって成立する,手続としては最も簡易な方法です。

最低限,離婚することと未成年者の親権者をどちらにするのかの合意が得られれば協議離婚をすることができます。ただし,離婚をする際には決めておかなければならないことはたくさんあり,後々にトラブル(財産分与や養育費など)が発生しないように注意する必要があります。

 

②調停離婚

家庭裁判所における話合い(調停)の中で離婚についての合意が成立した場合の離婚の方法です。

あくまでも話合いであり比較的柔軟な解決をすることができるのがメリットですが,相手方が話合いに応じない場合や合意が得られない場合には離婚をすることができません。

 

③裁判離婚

裁判で離婚をする方法です。日本では「調停前置主義」と言い,離婚の裁判を起こすためには原則として離婚調停が不成立になっていなければならず,離婚調停をせずにいきなり離婚裁判を起こすことはできません。

離婚裁判では「法律上の離婚原因」があることを法的に主張立証していくことになります。

裁判官が「法律上の離婚原因」がある,と判断した場合には夫婦の離婚を認める判決を書くことになりますが,離婚裁判が決着するまでには長期間を要することが多くなります。

また,判決が出る前の段階で,夫婦間で話合いをして離婚する「和解離婚」となるケースもあります。