• TEL: 076-259-0250
  • 石川県金沢市にある女性弁護士も在籍する法律事務所です

【事案】

夫による精神的虐待(日常的な罵倒)を理由に離婚を求め,子の親権と慰謝料を獲得した事案

【当事者】

依頼者:妻(30代)/相手方:夫(50代)

【証拠】

特になし

【結果】

依頼者本人では離婚の話すら切り出すことができなかったため当事務所に相談。示談では相手方が強固に離婚を拒むことが予想されたため,速やかに離婚調停を提起し,約4か月後に子の親権を妻とし,慰謝料200万円を支払う内容の調停を成立させた。

【ポイント】

モラハラ夫の場合,離婚の話をまともに行うことすらままならないことが多いです。ですので,この方の場合はすぐに裁判所の手続に入ったうえで,弁護士がモラハラの事実や夫が親権をとることがふさわしくないことなどを主張立証し,無事解決しました。